スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まごわやさしいチャンプルー de 酎 「一どん」

まごわやさしいチャンプルー、一どん

暑(ぬ)っか時期のショケ。
定番のひとつは、ゴーヤチャンプルー。
ゴーヤのほろ苦さと豆腐と卵のマイルド感が合わさった味わいは、豚肉の旨みも加わり酎欲をそそる一品。

毎晩でも飽きないところだが、今宵はちょいとアレンジ。
旬野菜たっぷりの”まごわやさしい”チャンプルーだ。

”まごわやさしい”とはビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂る「栄養の濃い」食品群を表す言葉。

今宵、使った材料は次の通り。

☆「ま」:豆類、大豆製品
  →黒豆、豆腐(2分の1丁)

☆「ご」:ごまなどの種実類
  →黒すりごま

☆「わ」;わかめなどの海藻類
  →ひじき、昆布、メカブ(佃煮)

☆「や」:野菜類
  →にんじん、ゴーヤ、かぼちゃ(赤ずきん)、たまねぎ、ピーマン、切り干し大根、なす、きゃべつ、オクラ、ししとう、ミニトマト、ハンダマ

☆「さ」:魚介類
  →しらす、本枯れ削り節

☆「し」:シイタケなどのキノコ類
  →ぶなしめじ、しいたけ

☆「い」:イモ類
  →紫イモ(蒸した後、冷凍保存していたもの)

トッピングにゆで卵を乗っけて完成。
たまたま手に入った赤ずきんという珍しいかぼちゃの色合いで彩りもより豊かなものに。

まごわやさしいチャンプルーアップ

味付けは、ラカントS、水キムチの汁(水塩の代用)、天日塩。
カレー粉とターメリック、コリアンダー、ガラムマサラを少々加えて塩分控えめで調整。

赤ずきんの甘さとゴーヤのほろ苦さが絶妙。
水キムチの汁で戻した切り干し大根のシャキっとした食感。
シラス干しの適度なしょっけと柔らかさ。
水キムチで短時間漬け込んだオクラとししとうの歯ごたえ。
そして紫イモの甘いなめらかさ加減。

妙味必淡!


お友は杜氏の里笠沙の黄糀仕込み「一どん」。

華やかで清涼感たっぷりののど越しではない。
黄糀仕込みらしからくないパンチのあるのどごし。
食中酒として、瓶の形同様にどっしりと飲める本格派。

ウ 参っ酎!


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一皿分445kcal25.9g15.3g47.6g3.6g14.0g

    
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。