FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米甘酒ジェラート

玄米甘酒ジェラート、黒米

夏バテ対策は、薩摩焼酎のダイヤメで‥。

と言いたいところだが、栄養と機能性を考えると、同じ”酒”でもやはり甘酒には敵わない。
とはいえ、酒かすで作るものではなく、米と米糀で作るアルコール分ゼロのもの。

古くは、その作り方から「一夜酒(ひとよざけ)」とも呼ばれ、江戸時代には売り子が登場する甘酒。
鰻と違い、庶民が手軽に摂れる栄養ドリンクとして夏の風物詩でもあった。

ビタミンやアミノ酸を豊富に含み「飲む点滴」とも呼ばれるが、今回のスイーツはジェラート風の「食べる点滴」。

玄米甘酒ジェラートアップ、黒豆、車麩

合鴨玄米に黒米を少量混ぜて炊き、米糀と水を入れ、8時間ほど55度~60度で保温。
黒米の色素が溶け出し、ほんのりピンク色に仕上がった甘酒を粒と汁に漉し、冷凍したもの。

糀特有の旨みと香り十二分のトロけるようななめらかな食感。
自然な甘さが口いっぱいに広がり、耽美な世界に誘ってくれる。
精製された糖類のギトギト感やしつこさはなく、むしろ清清しさを感じるほどの上質の甘さ加減。
粒甘酒の方はシャキっとしていて、かみ応えも十分なもの。
なんちゅぁならん!

つけ合わせは、車麩のフレンチトースト風。
卵と豆乳、ラカントSを混ぜ合わせた溶液に漬け込み、オリーブオイル少なめで焼き上げたもの。
単品だったら蜂蜜やメープルシロップでも合いそうだが、メインの甘酒との絡みを考えて、クセがなく、GI値が低いアガベシロップを回し掛ける。
結果オーライの一品。

もう一つは黒豆。
ハーブティとして使われる月桃の実を入れて煮込んだもの。
ジンジャー系のスパイシーな香りと味わいがほんのりアクセントになった逸品。

簡単ながら、満足と納得のいくスイーツ「甘酒ジェラート」。

夏(なっ)バテい 焼酎(しょちゅ)もかなわん 甘か酒(さっ)

ウ参っ”酒”!



熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一皿分166kcal7.8g6.7g18.9g0.4g0.5g

※甘酒:五訂日本食品標準成分表に準拠




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。