FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー生地黒豚カルツォーネのタルタルソース掛け de 酎 「熟柿」&「Miraco Bianco」

カレー生地黒豚カルツーネ、熟柿、ミラコビアンコ

シャキっとしてしっとりなめらか、パリっとしてもっちり、そしてとろける舌触り‥。
黒豚カルツォーネにタルタルソースを掛けてみたところ、なんともテクスチャーに富んだ一品に仕上がった。

以前、”春の三色ギョーザ”を作った際、余ったタネを用いてこしらえたカルツォーネ。
生地は全粒粉にカレー粉を少量入れ、白神こだま酵母で発酵させたもの。
扱いづらい生地だったが、自家製ピザソースとナチュラルチーズをタネとともに包み、冷凍していたもの。

タルタルソースは、脂肪の摂取バランスを考え、オレイン酸を多く含む「べに花オレインマヨネーズ」を使用。
きゅうりとにんじんのぬか漬けをみじん切りにしたものを加え、紅玉梅酢をチョイ足し、煎りおからを少々まぶした具だくさんなもの。

カレー生地黒豚カルツーネアップ

そして焼き上がったカルツォーネにビタミンEたっぷりのアボカド油を回し掛けて、
材料にこだわった素ローフード流和洋折衷ショケの出来上がり。

その味わいは、まこち滋味深いもの。
適度なしょっけと酸味に、煎りぬかと煎りおからの香ばしさが加わった新鮮な舌触りのタルタルソース。
味噌と甘酒、出汁醤油で味付けした程よい甘さ加減のジューシーなタネにチーズのしょっけと風味が絡まり、さらに増すコク味加減。
それを淡いカレー風味のサクもっちりとした生地が包み込む多重奏の味わい。
不協和音を感じさせない見事なハーモニーだ。
ウ、参っ酎

お友に選んだのは八千代伝酒造の「熟柿(じゅくし)」と東酒造の「Miraco Bianco(ミラコビアンコ)」

熟柿

熟柿はさわやかな大地の香り。
華やかさを感じながら、程よい甘みとどっしりとしたキレがあるリッチボディの味わい。
バランスがとれた、なんとも贅沢な焼酎。

Miraco BiancoはエクセレントE型という白麹で仕込んだ銘柄。
柑橘系の爽やかな香り。
すっきりとしたキレ味さえるのどごし。

しょけの深みのあるコクと程よい甘さの余韻に浸る中、いっきにさっぱりとした爽快感を吹き込んでくれる含み具合。
噛むほどに、含むほどに飽きない口あたりは申し分ないもの。
どちらも甲乙つけ難し‥。

豆腐チーズ

箸休めは、常備菜のチーズ豆腐。
醤油糀で漬け込んだ6日熟成ものに、乾燥させた大根葉のパウダーを振りかけたもの。
青臭さは全くなく、しっとりなめらかな舌触り加減。
あとしばらく熟成させて酸味があってもいい‥。

野菜炒め

もう一品は旬の野菜炒め。
黒酒、黒糖、出汁醤油で味付けし、カレー粉をまぶして仕上げる。
そこにおかかと煎りおからを振りかけたもの。


瞬(あ)っ酎間(ま) 呑んヒマも無っ 全部(ずるっ)食(た)べ
よか晩じゃっど、なぁ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。