スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醤油糀漬け鶏砂肝の燻製 de 酎 「Be Kagoshima」

醤油糀漬けシリーズ。
鶏の砂肝の巻。

砂肝

ムネ肉やレバーは経験があるが、砂肝は今回が初めて。
半月ほど、自家製の醤油糀に漬け込み、温燻してみた。

その食感は‥?
予想通りというか、予想以上だった。
苦手のジョリっと感が全くない。
ジューシーさはもちろんないが、パサつく感もない。
柔らかいのに程良いかみ応えで、かめばかむほどに旨みが広がる。

よか塩配になるように、塩をちょっと振りかけただけ。
対馬産の「藻塩」と坊津産の「地球の塩」の中粒。
中粒の方は塩の刺激をダイレクトに感じる部分があるものの、かむほどに旨みが混ざり合う。
藻塩の方はマイルドながらも深みのある味わいでどちらも甲乙つけがたい。

そして、お友は乙類の薩摩焼酎。
選んだのは「Be Kagoshima 2012」の黒麹仕込み。
塩っ気の後だからか、よりストレートに甘さが口の中に広がり、のど元を過ぎる頃にキレとコクを感じる味わい。
申し分ない一杯!

砂肝ち ゆてんわからん こやうめど
(砂肝って 言ってもわからない これは旨い)


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量
一人分43kcal6.7g1.0g1.7g0.8g




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。