FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷や奴 de 酎 「さつま おはら」

冷や奴  何とも涼味を感じさせる響きである。


「奴」は、大名行列の先頭で槍や挟み箱をもつ役の「槍持奴」のこと。豆腐の形が奴の紋に似ていることから「奴豆腐」と言うようになり、冷やしたものに薬味や調味料をのせたものが「冷奴」となった。  らしい。
ところで、この「奴」は鹿児島の方言で「おかべ」と言う。
元々、宮中で使われていた女房ことばで、豆腐が土蔵の白壁のように白いところから「かべ」、それに丁寧語の「お」をつけたものという。
で、それが何故鹿児島の方言に‥?

まっ、何はさておき、作ってみた。

ざる豆腐

鍋に入れて80度位に温めた豆乳に海水にがりを入れ、素早くかき混ぜる。
するとにがりに含まれるマグネシウムと豆乳の間で電気的にイオン交換が行われ、瞬間的に固まってくる。
このタイミングと材料の条件等により、固まり具合や味が違ってくるので、最も気を使う工程になる。

出来具合は、決して及第点とはいかなかったが、そこは手前味噌ならぬ、手前豆腐である。
ちょっぴりコクのある、クリーミーな奴に、のせたのは昆布茶とおかか。
シンプルに素朴な味わいを愉しむためである。

お友は限定銘柄「おはら 薄にごり」
ちょっと、クセがありながらも白麹仕込みのすっきりとした味わいとの対比が面白い。

お湯割りなのに、飲むほどに酔うほどに、冷やっこいのど越し。
冷やウマっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。