スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩焼酎紀行 in 天文館 「浩司家」

浩司家薩摩

友人との差し飲みのために天文館にお出這い。
予約していてくれたのは「浩司家」。

とある雑居ビル1階の奥まったところにあった。
扇型のカウンターを横目に小上がりの座敷に通される。

一見さんとして、ショケの注文はおまかせの構え。
すると友人は断りを入れながらも、決めていたかのように薩摩料理セットをチョイス。
地鶏炭火焼、さつま揚げ、きびなご刺身、地鶏タタキ、黒豚の角煮が小分けに盛られている鹿児島の名物を愉しめるセット。


付き出しの後に運ばれてきた別のショケ。
カリッとしていて中はホックホク。
薄甘い味の「里芋揚げ」だった。
焼酎に合うつまみ。 旨い。

浩司家サトイモ

そして一次会の〆は黒カレー。
一週間じっくり煮込まれたという、イカ墨入りのカレー。
チーズのコクも相まって、〆にもかかわらず杯がさらに進む一品。

浩司家黒カレー

かごっまの味をコンパクトながら十分に堪能でき、よか晩じゃっどなぁ!

引っ立つ味(あっ) 薩摩んショケい 芋ん焼酎(しょつ)


鹿児島市山之口町9-6 DADAビル1階
電話:099・227・5028



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。