FC2ブログ

紅白黒豚ギョーザのスパニッシュ風オムレツ de 酎

紅白黒豚ギョーザのスパニッシュ風オムレツ

邪道かもしれない。
じゃっど!!

と、親父ギャグはさておき‥。

溶き小麦粉の代わりに溶き卵を流し入れ、スパニッシュオムレツ風に焼き上げてみた。
仕上げに乾燥バジルを振りかけて出来上がり。

紅白黒豚ギョーザのスパニッシュ風オムレツ

お目で鯛、酎席に、黄金色がさらに華やかな彩りを演出してくれる仕上がり加減。

黒酒と甜菜糖で味付けした控えめの甘さが、ギョーザの味わいを損なうことなくマイルドに包み込む味わい。
とろっとした舌触りと、パリッとしてもちっとしたギョーザの食感とのコラボ。
卵好きにはたまらない組み合わせに。
こーりゃ、なんちゅわならん。


紅白黒豚ギョーザのスパニッシュオムレツ風大和芋ピザ

続いてもう一丁。
すり下ろした大和芋を混ぜてボリューム感を増した、紅白黒豚ギョーザのスパニッシュオムレツ風ピザ。

さらにふわトロッとした歯ごたえが加わり、こちらもなん酎ゅわならん、癖になる味わい。

紅白黒豚ギョーザのスパニッシュオムレツ風大和芋ピザ

ウ、参っ酎!!
スポンサーサイト



紅白ツートーン黒豚ギョーザ de 酎

紅白ツートーン黒豚ギョーザ

ツートーンカラーの皮で作った紅白黒豚ギョーザ。

紅白ツートーン黒豚ギョーザ

1個で2度旨い味わい。

紅白ツートーン黒豚ギョーザ&ミラコビアンコ

お友は、吹上焼酎の「小松帯刀」に加えて、東酒造の「Miraco Bianco(ミラコビアンコ)」をチョイス。
柑橘系の爽やかな香りとすっきりとしたキレ味さえるのどごしがイタリアンテイストの紅ギョーザにマッチ。

紅白はおめでたいハレの日に欠かせない縁起のいい色合い。
正月、おせちの合間に紅白ギョーザはうってつけのショケ(つまみ)になりそう。

和伊折衷紅白黒豚ギョーザ
和伊折衷紅白黒豚ギョーザ

紅白黒豚ギョーザ de 酎 「小松帯刀」

紅白黒豚ギョーザ&小松帯刀

熱がいっこうに治まらない。
インフルエンザによるものではなく、ギョーザによるハマリ熱、かと。

タネの改良は取りあえず、さておき、
皮作りにおいて、出来栄えの色合いもだが、体にいい食材を練り込めないものか‥。

試酎錯誤の末にたどり着いたのは、紅白の黒豚ギョーザ。
赤い色素には赤パプリカやピーマン、赤唐辛子などに含まれるカプサンチン、鮭やイクラ、エビやカニなどに含まれるアスタキサンチンの他に、トマトに含まれるリコピンがある。
これらは抗酸化作用があり、加熱しても損失することがないうえに、油で調理すると吸収率が高まるという性質を持っている優れもの。
そこで、トマトを皮に練り込み、エビ粉末をタネに入れることに。

紅白黒豚ギョーザ

冷凍していたトマトをすり下ろし、水分を飛ばして練り込む。
タネには別のある食材を入れて、包み込んでみた。
グラデュエーション皮の方には、黒豚ももミンチ、味噌、甘酒、黒酒等で味付けしたタネにエビ粉末を隠し味でチョイ足しして、包み込む。

小松帯刀

お友は吹上焼酎の黒麹仕込み「小松帯刀(たてわき)」。
甕壺でじっくりと低温発酵させた味わいは、実に奥深いもの。
上質な甘さとキレのあるのどごしはゆったりと味わえる銘柄。

「ボーノ!」
思わず声に出すほどの美味さ加減。
紅色皮のイタリアンテイスト風の味わいとその後旨味を決して邪魔することのないお湯割りののどごし。
そしてグラデュエーション皮のほんのり効いたエビ風味にもマッチ。

ワインとの相性もバッチリ合いそうな紅白黒豚ギョーザ。
なんちゅわならんダイヤメに。
ウ参っ酎!

活ホタテの貝殻焼き de 酎 「大和桜」

ホタテ&大和桜

北海道産の活ホタテ。
毎年、師走の潮風とともに友人から送られてくる。

早速、ダイヤメの肴に。

ホタテ貝殻焼き

まずは、ワイルドに活ホタテの貝殻焼き。
黒酒と焼酎を入れて煮込み、麦味噌と甘酒を合わせた甘味噌を掛けて出来上がり。

ホタテ照り焼き

次は、ホタテの照り焼き。
ウロを取ったひもを加えて、黒酒と黒糖、醤油で味付けし、仕上げに玄米水飴を垂らしたもの。

ホタテ刺身

そして、刺身の三品。
粕漬けも仕込んだが、味がなじむまで熟成することに。

お友は大和桜酒造の「大和桜」。
紫外線による品質の劣化を防ぐために、茶色や緑、青など色つきの瓶が主流の中、透明な瓶は珍しい存在。

大和桜

白麹仕込みの芋焼酎の醍醐味が十分に味わえる銘柄。
すっきりとしたのどごしは飲み飽きしない。

味噌の風味がほんのり効いた、野趣たっぷりのホタテ丸ごとの味。
照り焼きの甘辛くてプリプリ弾力の貝柱とひも。
藻塩をパラパラッと振りかけただけの滋味深い刺身。

これらをやさしく受け止めて包み込む、大和桜の懐の深さ加減
どこか落ち着く味わいにホッとするダイヤメ。

低カロリー高タンパクでタウリンたっぷりのホタテに舌鼓を打ちながら‥。
飲み過ぎに酎意しながらのダイヤメに。
よか晩じゃっどなぁ!

ミニ酎アボトル 其の参

焼酎、ミニ酎アボトル

いつの間にか、集まったミニ酎アボトル。
物産展で頂いた非売品も含まれ、開栓の機会を見つけられないまま。
もっぱら、鑑賞用で酎‥。

薩摩焼酎紀行 in 天文館 「浩司家」

浩司家薩摩

友人との差し飲みのために天文館にお出這い。
予約していてくれたのは「浩司家」。

とある雑居ビル1階の奥まったところにあった。
扇型のカウンターを横目に小上がりの座敷に通される。

一見さんとして、ショケの注文はおまかせの構え。
すると友人は断りを入れながらも、決めていたかのように薩摩料理セットをチョイス。
地鶏炭火焼、さつま揚げ、きびなご刺身、地鶏タタキ、黒豚の角煮が小分けに盛られている鹿児島の名物を愉しめるセット。


付き出しの後に運ばれてきた別のショケ。
カリッとしていて中はホックホク。
薄甘い味の「里芋揚げ」だった。
焼酎に合うつまみ。 旨い。

浩司家サトイモ

そして一次会の〆は黒カレー。
一週間じっくり煮込まれたという、イカ墨入りのカレー。
チーズのコクも相まって、〆にもかかわらず杯がさらに進む一品。

浩司家黒カレー

かごっまの味をコンパクトながら十分に堪能でき、よか晩じゃっどなぁ!

引っ立つ味(あっ) 薩摩んショケい 芋ん焼酎(しょつ)


鹿児島市山之口町9-6 DADAビル1階
電話:099・227・5028



.

あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料