スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤリングの「メレンゲ味噌焼き」「カレー焼き」 de 酎 「ぶっぽうそう」

ゴーヤリング焼き&ぶっぽうそう

「何を食べるか」ではなく「何を食べられるか」

旬の自然な素材に慣れ親しんでいると、季節の変わり目はそんな思いが特に強い。

さて、どんな野菜が並べられているのかなと、行きつけの有機野菜と無添加食品の店「地球畑」へ漕ぎ寄った。
さつまいもや里芋など秋の味覚がずらっと並んでいる。
おっと、スレンダーな大根がある。コイツは初ものだ。

一方で、夏野菜のオクラもまだまだ一角を占めている。
と、にがごい(ゴーヤ)を発見。かなりの大物ぶりだ。
まるで過ぎ去る夏の思い出をぎゅっと凝縮させたかのような置き土産的存在感。
間髪入れずにカゴに移動させたのは言うまでもなかった。

そこで、今宵は名残惜しい夏のダイヤメを奉(まつ)るために、にがごいのショケ(つまみ)で一献。

にがごいは塩もみしておく。
そしてメレンゲ味噌を作る。
卵白1個に、黒糖大1と麦味噌15gを加え、しっかりと泡立て、アボカド油と黒酢を少々混ぜる。
クッキングシートにオリーブオイルを薄く塗り、メレンゲ味噌を盛り、輪切りにしてワタを取ったにがごいを載っける。
そして中心にメレンゲ味噌をさらに盛る。

もうひとつは、メレンゲ味噌の上に三段重ねにしたにがごいを載せ、カレー(※)を詰め、モッツァレラチーズを載せる。
これをオーブンで軽く焼いて仕上げに卵黄液を回しかけて、ゴーヤリングのメレンゲ味噌焼きと野菜カレー焼きの出来上がり。
味噌焼きにはトッピングとして大根葉、桜エビ、煎りオカラのパウダーを振りかける。

ゴーヤリングカレー焼き

お友は国分酒造の「ぶっぽうそう」。
(株)ナガミネさんのPB銘柄。
地元の米とさつまいもを使い、白麹で仕込んだこだわりの焼酎。
霧島連山に棲息するという美しい鳥がぶっぽうそう。
ただ、その姿を目にした者はいないという幻の鳥。らしい。

お湯割りで頂く。
香りは控えめながら、清涼感を感じさせる。
柔らかく、なめらかな口当たりが心地いい。
澄んだ味わいながら、しっかりとキレを感じさせるのどごし。

ゴーヤリングメレンゲ焼き

ゴーヤリング味噌焼きの味わいは、甘さと味噌の風味がたまらない。
トロふわっとした食感のメレンゲ味噌が一気に広がった後、舌の上にまとわり、十二分の余韻を与えてくれる。
そしてトッピングの味わいが、アクセントとなって、それぞれにコクを増してくれる。

カレー焼きの方も、言わずもがなの深い味わい。
カレーの風味にチーズのコクがさらなる深みを与え、卵黄のマイルド感と相まって、三位一体の味わい。
もといゴーヤの程よい苦味をベースにした四位一体のなんちゅわならん味わい。

やさしい辛さと甘さ、そして苦味が奏でるハーモニーを堪能しながら、まったりとゆるゆると‥。

ウ、参っ酎!


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一皿分232kcal10.1g8.9g28.3g3.1g4.7g


(※)創健社の動物性原料不使用「植物素材の本格カレー」で作った冷凍保存もの。
具材もニンジン、タマネギ、ゴーヤを炒めたヘルシーな野菜カレー。

スポンサーサイト

凍り豆腐カツの卵とじ de 酎 「古の千鶴」

凍り豆腐カツ卵とじ

凍り豆腐の甘酢あんかけオムレツをつまみながら、妄想していた。
卵とじのカツでもいけるのではないかと‥。
そこで早速作ってみたのが、スピンオフしょけ(おつまみ)の「凍り豆腐カツの卵とじ」。

凍り豆腐は下味として、カツオだしに浸け、しょうゆ麹を染みこませておく。
そして手で適当な大きさにちぎり、強力粉、溶きたまご、煎りパン粉をまぶしてオーブンで焼く。
煎りパン粉はオリーブ油を少量熱したフライパンでパン粉をこんがりと焼き色がつくまで炒めたもの。
あとは凍り豆腐甘酢あんかけ同様に炒め、溶きたまごを回しかけて出来上がり。

古の千鶴&凍り豆腐カツ卵とじ

なんちゅあならん美味さに、連日の再登板。
今宵は、凍り豆腐はちぎらず、そのまま焼いた後、カット。
具材は、なす、ミガシキ、かぼちゃ、にんじん、オクラ、冷凍しめじ。
冷蔵庫内の有り合わせ野菜を使った。
仕上げにかつお節をトッピング。

凍り豆腐カツ卵とじ

お友は神酒造の「古(いにしえ)の千鶴」。
黒麹を用い、甕壺で仕込んだこだわりの芋焼酎銘柄。

お湯割りでひとくち。
香りは主張しすぎない感じ。
キレを感じさせる辛みは抑えられていて、ピュアで程よい甘さが後を引くのどごし。
かつお節のイノシン酸の旨みとしょうゆ麹のコクを含ませた凍り豆腐を包み込む卵黄のマイルド感は絶妙。
打ち消し合わない組み合わせに箸もグラスも休まることはないダイヤメに。
パン粉の食感も程よい”肉感”を醸し出してくれる味わい。

凍り豆腐カツ卵とじアップ

今宵もよかダイヤメ。
ウ参っ酎!


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一皿分537kcal28.3g18.7g63.6g3.2g6.5g






凍り豆腐の甘酢あんかけオムレツ de 酎 「常世」

芋焼酎「常世」&凍り豆腐甘酢あんかけ

高タンパク低カロリーでヘルシーな豆腐。
ゴーヤチャンプルーなどのショケ(おつまみ)として、たびたび登場する食材のひとつ。
ところが、アミノ酸スコアは意外に低い。
必須アミノ酸メチオニンが少ないからだ。

これを補うためにはメチオニンを豊富に含む動物性タンパク質との食べ合わせが必要になる。
そのひとつがかつお節。
「冷や奴にカツオ節」は理にかなった食べ合わせで、飲んごろさあ(飲ん兵衛)にとっては、肝機能強化も期待できるとあって、わずかでも気の休まるショケの一品になるというもの。
このメチオニン、他には凍り豆腐(高野豆腐)や卵などにも含まれる。

凍り豆腐甘酢あんかけ

そこで今宵は凍り豆腐とカツオ節、卵を使ってのショケ作り。
もっとも、凍り豆腐に関しては凍結と乾燥を繰り返して作る本物と違って、冷凍保存していただけの自家製なので、食感の変化だけでも愉しめたらという位置づけ。

水切りをして適当な大きさに切り、素焼き後冷凍保存していた豆腐を自然解凍させる。
ドリップは取っておく。
カツオだしにしばらく漬けた後、片栗粉をまぶし、オリーブ油を薄く敷いたフライパンでこんがりと焼く。
ミガシキ、なす、しめじ、パプリカを炒めた後、カツオだしとドリップを加え、黒酢と黒糖を使った甘酢あんで仕上げる。
皿に盛った後でとろとろオムレツを乗っけて出来上がり。

凍り豆腐甘酢あんかけ&オムレツ


お友は薩摩酒造明治蔵の甘露仕込み「常世」。
24節気の「寒露(10月8日)」から「霜降(10月23日)」までに収獲したさつま芋を使い、白麹で仕込んだ焼酎。
寒気にさらすと甘みが増すと言われることから、一晩畑に放置したさつま芋で仕込んだこだわりの銘柄。

芋焼酎「常世」&凍り豆腐甘酢あんかけ&オムレツ

6年間、”瓶熟”させていた。
上品な甘い芋の芳醇な香り。
まるでミルクキャラメルのような甘さが口いっぱいに広がる。
甘酢あんとの絡みも絶妙な含み加減。
そして愉しみにしていた凍り豆腐の食感は、ナゲットに近いもので期待以上の仕上がり。
厚めにすり込んだ片栗粉のとろみが脂身のよう。
箸休めも不要のダイヤメに。

う参っ酎!


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一皿分476kcal22.8g19.1g51.9g2.3g4.7g



あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。