FC2ブログ

アボカドおから納豆巻き de 酎 「甕仙人」

発酵食品の効果が高まる食べ方にはルールがある。

◎毎日摂ること。
◎加熱せず生のままで食べること。
 生きた菌や、酵素を失活させないで摂れる
 (加熱する場合も高温は避ける)
◎複数の発酵食品を組み合わせること。
 キムチ+納豆
 漬け物+削り節
 味噌+ヨーグルトなど
◎食べ過ぎに注意すること。
 塩分過多につながる場合もあるため

そこでつらつらと考えて作ってみたのが、おから&納豆にアボカドを巻いた海苔巻き。

アボカドおから納豆巻き

おからに地元の本みりん「黒酒」をスプレーして、小一時間ほど冷蔵庫で放置。
そしてラカントと黒酢、ひとつまみの海水塩をまぶしてこねる。
木炭を用いて火入れをしていない「黒酒」は酵素が活性を保っているため、おからを柔らかくしてくれ、アミノ酸も含まれるため、ちょっと酸味が効いた上質な甘さの新感覚和菓子のようなクリーミーな食感に。
そこにひきわり納豆を混ぜ、海苔の上に敷き、アボカドを載せて巻いたらアボカドおから納豆巻きの出来上がり。

わさび醤油につけてほおばる。
海苔と醤油の風味にプラスして、わさびのシャープな刺激を感じた後に、程良いねっとり感と口溶け感が口の中を支配する。

お友は中村酒造場の白麹仕込み「甕仙人」。
香りも程良く、柔らかい口当たりながら、すっきりとしたのど越しでお湯割りでもロックでもいける銘柄。

口の中に残るアボカドの脂っこさと納豆特有の脂肪酸のにおいを甕仙人のお湯割りがリセットしてくれる。
食中酒の本質、ここにあり、かと。

前作の「お辛納豆」同様に糸を引かずに食べられるところが、ミソ。
ただ、旨すぎるため尾を引かない食べ方に要酎意。


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
一人分172kcal7.9g11.3g11.5g0.3g8.1g
(醤油含まず)

スポンサーサイト



素ローフード流蒲焼き豆腐 de 酎 「千鶴」

20XX年、猛暑が続き、体感気温もうなぎのぼりのある日。

「ねえ、知ってる? 昔の人は、土用丑の日に夏バテ対策で精をつけようと”うなぎ”を食べていたんだって‥」
「へぇ~、そうなんだ」
「ところが、稚魚が減ってしまったおかげで今じゃ幻の食材ってわけ」
「どうして、稚魚が減ってしまったの?」
「地球規模の環境変動のせいだけど、乱獲や川の環境悪化の影響もあったそうよ」
「これはニホンウナギだけの話じゃないのよ」
「えっ、どういうこと?」
「ヨーロッパウナギのシラスを中国へ持ってきて、中国で養殖して、蒲焼にして日本のスーパーなんかで安く売ってたわけ。結局、それが原因でヨーロッパウナギがほぼ絶滅状態になってしまったそうよ」
「え、外国のものまで?」
「そうなの。よその地域の資源を枯渇させてまで貪欲に貪り続けるなんて、とても伝統食とは言えないと思うの」
「そうよね」
「ところで、『いただきます』って食事の前に言う言葉、使ってるのは日本人だけって知ってた?」
「えっ、ホント?」
「命あるものをいただかせていただきますっていう、食べ物に対する感謝の言葉なのね。」
「その気持ちが薄れちゃってきたツケが回ってきた結果かもしれない‥」
「そうだね」
「キャッチフレーズを考案した平賀源内もあの世で嘆いているかも」

近未来の食卓での鰻子さんと友人の会話。
近未来どころか、すぐそこまで来ている‥?


素ローフード流蒲焼き豆腐

土用丑の日のうなぎの価格もその名の通り”うなぎ”のぼり。
一方で豆腐やナスを使った蒲焼きのフェイクものが賑わっている。

そこでマネて作ってみた。

訳ではない。
豆腐を使ってここは一丁ヘルスィーに、という次第。

水気をしっかり切った豆腐に大和芋とくず粉を混ぜ、魚形に切った海苔の上に薄く載せる。
それを薄くオリーブ油を敷いたフライパンで焦げ目が付くまで焼く。
蒲焼き風の味付けはあえて避けて、代わりに醤油糀を表面に付ける。
一晩、冷蔵保存して出来上がり。

ちょっと水気を切りすぎたのか、表面がやや堅めの歯応えながら、逆に魚っぽく仕上がった食感。
海苔と醤油の香ばしい風味が口の中に瞬く間に広がり、余韻が残る旨み。

お友は神酒造の「千鶴」。
荒濾過仕上げの県内限定銘柄。

芋の優しい甘さと香りが口の中にゆっくりと広がり、余韻が愉しめるのど越し。
芋焼酎のお湯割りの醍醐味、ここにあり。

ベストマッチのダイヤメ。
ただ、杯を重ねながらも、日本の伝統的な食習慣、食文化がいろんな意味で失われ消えつつあることを考えるとほろ酔いならずほろ苦い味わい‥。


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量食物繊維
二尾分237kcal15.8g11.6g16.9g1.03g2.1g







あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料