FC2ブログ

粕漬け de 酎 「のんダレ亭ィ}

今宵のダイヤメのアテは粕漬けだ。
所用の帰りに寄ってみたデパ地下でたまたま見かかった粕漬けを試食。
旨い! 今夜はこれで決まりとばかりに、パックを手にするも、裏の原材料欄を見て、すかさず元の場所に。
訳の分からない添加物の羅列に腰が引けてしまった次第。

でもやっぱり食べたいなぁ。じゃあどーするか? 自分でつくるしかないでしょ!

そこでストックしていた酒かすに甘酒とラカントSを加え、すり鉢で練り、そこに小口切りした貝柱とイカを混ぜ合わせて完成。

粕漬け

使用した酒かすは純米酒のもの。大吟醸のものは味が薄く感じられるものの上品で淡白な美味しさ。一方、純米酒の方は、味が濃く栄養価も高い。どちらも一長一短‥。
自家製の甘酒は、米の代わりに裏ごしした紫芋と米糀のみで作ったピュアな「芋甘酒」を使用。

やっぱり自分で作ったつまみは安心&安全なうえに、体にもやさしく、一日の疲れを取るダイヤメのアテにうってつけ!

マイ酎「のんダレ亭ィ」のお湯割りも自然と杯が進み、ついつい飲み過ぎてしまい、マイっ酎‥!




スポンサーサイト



熟成黒豚しそチーズ巻き入りカルツォーネ de 酎 「ミラコビアンコ(白麹仕込み)」

カリッ、モチッ、トロッ、ジュワァ~、 &グビリッ!

醤油糀に漬け込んだ黒豚もも肉のしそチーズ巻き。
これだけでもモチトロの一品にさらにチーズを加えてみたのがこの「熟成黒豚のしそチーズ巻き入りカルツォーネ」


熟成黒豚しそチーズ巻き入りカルツォーネ

ダイヤメのときは、炭水化物系はなるべく控えたいところだが、全粒粉100%の生地は栄養価が高く、そこまでめくじらを立てんでも、たまにはよか‥といった次第。(ただし、精製された白モノ系は御法度!)

食感の妙もさることながら、適度な甘さと塩っけは肴(しょけ)にはもってこい。

このイタリアンなしょけに合う、今宵のお友は東酒造の「Miraco Bianco(ミラコビアンコ)」
エクセレントE型という白麹を用いた奇跡の白という新しい銘柄。
ビアンコは白を意味するイタリア語だが、ミラコは奇跡を意図した造語という。
何とも芋焼酎らしからぬラベルに期待も膨らむというもの。
果たしてその味は‥。
華やかな香りとどこまでも透明感が続きそうな軽快で飲みやすい口当たり。減圧蒸留で作られた銘柄と聞いて納得!
芋の香りが苦手な方や、女性受けしそうな銘柄だ。

ロックでちびりと口にするフルーティなミラコビアンコの味わいと黒豚カルツォーネとのマリアージュ加減は秀逸。
付け合わせは、同じ発酵食品つながりの水キムチ。
こってりした味に変化を求めて、後半はLimone(レモンオリーブオイル)を垂らす。さっぱり風味にさらにチビリ。

ボーノ! ごわした!


熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量
一人分284kcal17.9g13.0g21.4g0.5g

☆うマイレシピ(生地:6枚分)   
全粒粉150g  
てんさい糖小1  
小1/2  
白神こだま酵母3g  
90ml  

ぷるっぷる半熟卵 de 酎 「一尚(黒麹仕込み)」

半熟卵

固ゆでか半熟か、好みが分かれるゆで卵。

いや、やっぱ、ここは半熟でしょ!
ってことで、採卵後三日目の新鮮な有精卵をお湯でゆがくこと、6分弱。
慎重に殻をむき、赤ちゃんの肌のようにデリケートなぷるっぷるの半熟卵の出現にほっとひと息。
も束の間、タッパーに入れた途端、白身がぱっくり‥。あちゃ~!
自重で扁平な形になってしまうほどの半熟具合のため3分の2の成功率。

そのまま口に放り込みたい気持ちをグッと我慢して、醤油糀に漬け込む。

写真は6日目のもの。卵黄がねっとりとしてきて絶妙のとろけ具合に。
味はマイルドそのもので卵好きにはたまらない一品。
途中で片方に黒ごま油、もう片方には亜麻仁油をちょい足ししてみたが、どちらもタマ卵味わいに!

ムネ肉ハムの練りごまソース掛け de 酎

ムネ肉練りごま

醤油糀で半月ほど漬け込み、酵素の作用で旨みも引き出され、十分に柔らかくなった状態で、5~6時間ほどかけて温燻したムネ肉。
これに黒練りごまベースの甘酒を使ったドレッシングを掛けて完成。

ごまの風味とさくらチップの香りが混ざり合い、パサつき感は全くなく、もちっとして柔らかい舌触りの生ハムのようでありながら、かみ応えのある食感に満足の一品。

付け合わせは、翠王(すいおう)というサツマイモの品種。
葉と茎を食べる品種で、食感はモロヘイヤに似ていて、栄養価はケールに匹敵するほどの優れもの。
若干のえぐみはあるものの、ほうれん草ほどではなく白だしと黒ゴマ油をちょい足しすれば、OK!

この黒ごまのダブル風味に合うお友に選んだのは黒糀仕込みの「のんダレ亭ィ」
こってりした口中をさっぱりと洗い流してくれるキレがありながら、甘めの余韻が程良く残る味わいに杯も進むというもの。

ちなみにムネ肉に多く含まれるイミダペプチドは疲労回復に効果があるとか。
そして、かつては暑気払いに飲まれていた夏が季語の甘酒。
この”飲む点滴”とのダブル効果で、バテやすい暑い時期のダイヤメにはうってつけのアテ!

な、なん酎ゎならん!

☆うマイレシピ(ドレッシング)   
黒練りごま大1  
醤油大1  
甘酒(粒)大1  
甘酒(液体)小2  
おろししょうが適量  



熱量タンパク質 脂質 炭水化物食塩相当量
一人分105kcal16.3g2.6g4.3g1.2g






ゴーヤチャン de 酎 「のんダレ亭ィ」

ゴーヤチャン

おっ、にがごい(にがうり)だ!
有機野菜の店で初物を見つけて、即かごのなかへ!

夏男の身にすれば、大好きな季節、大好きな食材の到来に思わずニンマリ!
ダイヤメの肴にこれさえあれば十分、と言っても過言でないほど‥。

早速、チャンプルー作り。
豆腐と有精卵、そしてたまたまあった芝えびを使ってシンプルに甘辛く調理。
仕上げにかつお節と卵黄を載っけて完成。

ウッ、旨い!
芝えびの風味がスパイスとなっていつになくリッチな気分。
後半、味に変化を求めて、手作りの醤油麹で一ヶ月ほど仕込んだチーズ風豆腐を豆入。
濃厚なコクのある味に杯も進む、進む!
これで、今年の夏もなんとか乗り切れそうな予感!

暑い時期でもお湯割り派。
そこで一句。
頑固モン お湯割りじゃがち ヘコいっめ(一枚)

ところで、別の買い物で寄ったスーパーで見かけたにがごい。1本で同じ値段。
しかも熊本産。ウ~ム。

有機野菜は高いというイメージがあるが、たまに逆転現象もある‥。
とにもかくにも生産農家のご苦労に感謝しながら、今宵も一献!
サスティナブルな社会を考えながら‥。

酔か晩じゃっどなぁ!

大籠包 de 酎 「酔ふよう(白麹仕込み)」

大籠包

発酵食品は体にいい。腸内環境を整えてくれる。
味噌、醤油、ぬか漬け、納豆・・・
そしてチーズ。動物性食品だが、たまにはいい。

ワインに含まれるポリフェノールが動脈硬化を抑制している根拠はないという調査結果が報告されて久しい。
では、発症率が低いフランスで消費量が多い食べ物は? そうチーズ。
毎日チーズかヨーグルトを食べている人は心筋梗塞になりにくいという調査結果もある。
いずれにしてもこのフレンチパラドックスとジャパニーズパラドックスに共通しているのは、発酵食品がキーワードになっているということ。積極的に摂りたい。

そこでたまに無性に食べたくなるチーズをどう焼酎に合うように調理するか。(前置きが長すぎる‥^^)

考えついたのは、小籠包ならぬ大籠包。
全粒粉と強力粉を混ぜて作った生地にピザソース、ナチュラルチーズ、たまねぎ、そして餃子用に作ったタネをたっぷり入れて焼きあげた一品。

実はこのタネ、焼酎に合うようにと黒豚のミンチを味噌と甘酒を使い甘めの味付けにし、隠し味に桜エビの粉末を混ぜ込んだジューシーなもの。
肉を使った辛子系の料理には黒麹仕込みが合うが、ここは白麹仕込みでも合いそう、ということでチョイスしたお友は、三岳酒造のPB「酔(すい)ふよう」。
上品な甘さと適度な塩っ気が効いたジューシーな具とパリッとした皮の食感に、主張し過ぎず、まるで寄り添うかのように旨さを倍増してくれるのど越し。

酔ふよう 酔ふほどにつれ 酔かあんべ
なん酎わならん!

同じ発酵食品つながりの焼酎で杯も重なる、というもの!




あいがともさげもす。また一献!

とりあえず

プロフィール

酎ワル親父

Author:酎ワル親父
ダイヤメ料理研究家

月別アーカイブ
カテゴリ
焼酎&おつまみ最新記事
薩摩焼酎紀行
検索フォーム
リンク酎
オススメ調味料